2016年06月27日

生体投入1日目



まずはサンゴイソギンチャク
消灯後にヌルヌル動いて底砂の位置まで移動しちゃいました。メタハラに近い方が良いかと思いライブロックの上に置いたのだがお気にめさなかったようだ。



続いて、ファインディングな3匹。ニモとマーリンとドリー。たまにルリスズメの威嚇にあいますが元気に泳いでます。今朝の餌の食いつきもよく、ショップ(チャーム)でも食ってたんだろうな〜と感謝。
もう少し大きくなると個体としての生命力が格段に上がるので慎重に見守っていこう。



最後はアカツメサンゴヤドカリ。1.5センチ弱の小さなトリオだが、1匹は見つからんので写真は2匹分。藻類をむしゃむしゃつまんでます〜

posted by FishFamily at 22:07 | TrackBack(0) | 海水魚日記 | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

久しぶりに生体注文⇒到着

何年ぶりかに生体注文。本日午前中に到着。
さっそく、水槽に浮かべて合わせ中。

 IMG_1915.JPG
IMG_1917.JPG
IMG_1927.JPG 
サンゴイソギンチャクとカクレクマノミ2匹はセット商品
 
IMG_1924.JPG 
ナンヨウハギはMサイズ(4~7cm)とありましたが、ちょっと小さいですね。Mサイズない感じです。
 
IMG_1922.JPG
ナンヨウハギと海ブドウはセット商品。
 
IMG_1921.JPG 
 写真じゃよくわかりませんが、アカツメサンゴヤドカリ。
 
ドリーのサイズが予想外に小さかったので、先住のルリスズメの気の強さがやや心配。
10cmオーバーのサイズがあれば、ルリスズメもビビッてそれほど威圧がなくなるのですが...。
 
さて2、どうなりますかな? 
 
 
本日、登場の購入生体はこちら。
 
 
 


posted by FishFamily at 10:53 | TrackBack(0) | 海水魚日記 | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

7年ぶりに残しておこう

7年経った今も海水魚水槽は健在です。
生体はルリスズメとシリキルリスズメの2種のみですが、とても生きた水槽に仕上がっています。
8047D80A-7CBB-4E51-82B6-45DCEB212AD2.jpg0C5EF59E-BF2C-4F5E-907C-0F698DB11989.jpgDFE38021-E147-45F4-8779-F69E3839DC02.jpg
更新していないこの7年で学んだこと。
手をかけすぎてはいけない。これにつきます。いっさい生体を投入せず2年ぐらいただ水を動かしていた時期がありました。この時間がとても重要だった。
藻類は勝手に育ち大きくなり、その周りにプランクトンが発生。ガラス面の掃除をするくらいであとは放置の毎日。
水質にこだわりすぎていた2009年当時とは大違い。
2AB583FC-FF22-400E-9D42-D012DF199D67.jpg

現在、食物連鎖が行われ自然の循環が回っています。
ヨコエビなどのプランクトンが勝手に発生→それを捕食するルリスズメたち。もちろん餌もやってます→魚の死骸は底砂の奴らが解体。たまに星になる個体をすくってかたずける事がなくなった。骨も含めて見えるところには見つからない。

そして、またヤル気なった私は久しぶりに生体を注文。その報告はまた次回。
posted by FishFamily at 08:29 | TrackBack(0) | 海水魚日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。